開発サーバから本番サーバへのWordPressサーバ移行手順

NO IMAGE

前提

本番サーバにはWordPressインストール直後の状態で説明します。

 

データバックアップ

ファイル:本番・開発ともにFTPで全ファイルをダウンロードして保管しておきます
DB:本番・開発ともにSQLで保管しておきます(文字化けがないか確認すること)

 

本番サイト用ファイルとデータの用意

wp-config.phpファイルの修正
DBの接続情報や、WordPressサイトのURLなどを変更する必要があります。
現行サイトのwp-config.phpを参考に修正しておきます。

 

Search-Replace-DB-masterの追加

本番環境でDB内のURLを置換するためのスクリプトです。
リリース時にhttpアクセスしてWeb画面からDB内のURLを置換します。
ここからPHPスクリプトをダウンロードしておきます。
zipファイルを解凍すると、Search-Replace-DB-masterというフォルダができます。
これをフォルダごとwp-config.phpと同一階層に格納しておきます。

 

開発サーバDBのエクスポート

手順

  1. 開発サーバのphpMyAdminにアクセスします
  2. 対象のDBのエクスポートタブを開きます
  3. DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT / TRIGGER コマンドを追加するオプションにチェックを入れる
    WordPressの投稿データ等は全てリニューアルするので、 開発サーバーで作成したデータをそのまま上書きします。
  4. 出力をファイルに保存するオプションにチェックを入れる
  5. 実行をクリックし、SQLファイルをダウンロードする
  6. SQLファイルを開き、問題がないか確認する
    文字化けが発生していないか

 

本番サイト用ファイル一式のアップロード

手順

  1. FFFTPで本番環境に接続し、開発サイトの情報を上書きする

 

DBインポート

開発DBからエクスポートしたファイルをphpMyAdminにて本番DBにインポートします。
※DBの接頭語が変更になっている場合、インポートするファイルの内容を本番しい内容に置換する必要があります。

 

DB内のURL置換

DB内のデータのURL(ドメイン)を置換します。
URLの情報は、単なる文字列だけでなく、文字数等もDBに保持しているようなので、
専用のPHPスクリプト(Search-Replace-DB-master)を実行して置換します。

Search-Replace-DB-masterは、上記のようにDB内のデータを外部から置換できるツールです。
危険ですので、置換完了後は必ずフォルダごと削除しましょう。

手順

  1. http://hogehoge/Search-Replace-DB-master にアクセスします
  2. サイト上部のreplaceに、置換前文字列を入力します
  3. 同じくサイト上部のwithに、置換後文字列を入力します
  4. サイト下部のdry runをクリックします
    ⇒ 変更がプレビューできるので、変更されるURLが問題ないか確認します
  5. live runをクリックします(live runは実際にDB内のデータを書き換えます)
    ⇒ 完了すると、すべての記事内のURLが全て新しいURLに置換されているはずです。
  6. FTP接続し、Search-Replace-DB-masterフォルダを削除する
    ⇒ http://hogehoge/Search-Replace-DB-master にアクセスできないことを確認します

 

確認

ここまでの作業で本番URLにてサイトが正常に公開されているはずです。
全て、または主要ページの表示テストをして問題ないか確認します。
問題なければ、移行作業は完了となります。

 

まとめ

今回は開発から本番への手順として自分のメモのために残しましたが、
基本的には、サーバ移行の作業でもほぼ同様の手順でいけると思います。

移行が簡単にできそうなプラグインがあったのでそちらも検討したのですが、
やはり手動でやったほうが何かと安心なので手動で行いました。

手動の場合しっかりと作業した項目が把握できるというのが最大のメリットかと思います。
最初の移行は手動がおすすめ。