会社のHPをWordPressで作り直したときにやったこと

NO IMAGE

HTMLで構築されている化石化している会社のホームページをWordPressで構築し直したときに
注意した点を参考程度に残しておきます。
※メインテーマ自体を作成している時間も余裕も予算もなかったので買いました笑

固定ページのパーマリンクに拡張子「.html」を付ける

現状のページが既に数年かどうしているので検索エンジン上には「.html」での
リンクで上がってきているのでコレに追従する形で固定ページのリンクに「.html」を付けるようにします。

通常WordPressの固定ページはカスタム構造のパーマリンクが適用されないのでfunctions.phpに細工をします。

やること

  1. パーマリンク設定でカスタム構造を 「/%pagename%.html」にする。
  2. 「functions.php」に以下のコードを追加する
    ※後述しますが、子テーマの「functions.php」に追記します。
<?php
/*【出力カスタマイズ】固定ページのパーマリンクの拡張子を .html にする */
add_action( 'init', 'mytheme_init' );
 if ( ! function_exists( 'mytheme_init' ) ) {
 function mytheme_init() {
 global $wp_rewrite;
 $wp_rewrite-&amp;gt;use_trailing_slashes = false;
 $wp_rewrite-&amp;gt;page_structure = $wp_rewrite-&amp;gt;root . '%pagename%.html';
 // flush_rewrite_rules( false );
 }
}
?>

メインテーマのアップデート対策として子テーマを作成する

保守を考えて、当然ですがメインテーマは随時修正があればアップデートしたいので子テーマを作成して
カスタマイズはそちらで行う対応をしました。

やること

  1. 子テーマフォルダを作成する
    親テーマと同じフォルダに「親テーマ名_child」みたいなフォルダを作成します。
  2. 必須ファイルの作成をする
    子テーマフォルダに「style.css」「functions.php」の2つのファイルを作成します。
  3. カスタマイズ対象ファイルを親テーマから子テーマのフォルダにコピーする
    子テーマが正常に認識されると、親テーマと同じ名前のファイルがある場合子テーマの方を優先して読むので
    子テーマの方だけカスタマイズしておけば親テーマにアップデートが会ったときでも
    カスタマイズが失われることがないので安心です。

「style.css」「functions.php」それぞれ中身は以下です。

style.css

/*
Theme Name: 親テーマ_child
Template: 親テーマのフォルダ名
Author: 作成者
*/

※Templateの値は親テーマ名ではなく親テーマのフォルダ名です。

 

functions.php

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
 wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
}
?>

※固定ページのパーマリンク変更などは子テーマの「functions.php」に記載すると良いです。

ただし、安心とは言え、アップデートする際はバックアップは必須です。

まとめ

テンプレートを購入する場合は子テーマ作成は必須。
楽だから!!

WEBサイトは新規構築のほうが楽。。
すでにあるサイトをWordPress化ってのは中々大変。。
費用出す時は次からもう少しその辺も考慮しようと思った。